【特別連載】母と娘で楽しむマーブルシュッド。

column
「読みもの」スペシャルバージョンとしてお届けしている「母と娘で楽しむマーブルシュッド。」。2回目となる今回は、自由が丘店をご利用いただいているYさま親子にご登場いただきました。

太陽のような元気いっぱいの笑顔が素敵なYさま親子。にっこりと笑った時の目元や口元がそっくりです。お二人のお話を聞いていると、ちょっと不思議な関係が見えてきました。娘さんが“世話焼きのしっかり者のお姉さん”で、お母さまが“お姉ちゃんの言うことを優しく聞き入れる妹”。親子というより、仲良しの姉妹!に見えてきました。
実は娘さんはマーブルシュッドのスタッフ。好きが高じて就職してしまったという、親子揃ってのマーブルLOVERです。親子でマーブルシュッドが好き!というお客さまは、お母さまがきっかけでお店を知りました、という事が多いのですが、Yさま親子は逆パターン。娘さんから、マーブル愛がスタートしたそうで…


::::: マーブルシュッドとの出会い :::::

お母さま:マーブルシュッドを知ったきっかけは娘なんですよ。自由が丘店の近くにある予備校に娘が通っていたんです。当時の娘はまだ高校生。マーブルのものが欲しいけど、高校生にはちょっと手が出ない…なので、缶バッジを少しずつ集めていたんです。色々な柄がある可愛い缶バッジ。娘に買っているお店のことを聞いて私も一緒に行くことになりました。最初は娘の“お財布”でした(笑)。
娘のお洋服を一緒に選んで、店長のマイマイさんとお話しする時間を楽しんで、二人でお店に通うなかでいつしか私もマーブルシュッドのファンになっていました。娘も自分でもお洋服を買うんだ!と、お金を貯める為にアルバイトを頑張っていたのを今でも思い出します。私も今ではすっかり独り立ち。ひとりでお店に通ってマーブルライフを楽しんでいます。

二人でちらり!気になるところも同じ♪

なんだかドラマのような微笑ましいエピソード。お話を伺っているこちらも、えー!そうだったんですね!となんだかワクワクしてしまい心が小躍り。お母さまのスタイリストは、娘さん。春夏の着こなしも、盛夏コレクションからのアイテム選びも「ん…あなたはこっちが似合うわね。え?こっちの方が好きそうよ」なんて、お姉さんパワー全開で選んであげていました。さて、どんな着こなしになったのでしょうか。


::::: 春の装いのおふたり :::::

お母さまは、通な“ワイン色”のカラミワンピースに、FieldのTunicをカーディガンの様に羽織った大人の女性な着こなし。渋めのワインに大柄のお花の刺繍がベストマッチ!これには娘さんも納得のご様子。


Field Tunic ¥19,800
カラミST 2WAY OP ¥16,500

カジュアルな装いが好きな娘さんは、イヌ×カモのダブル動物コーデ。ネオンカラーの腕時計やソックスの小物使いが全体のアクセントになっていますね。エレガントな母とアクティブな娘、対照的な親子コーデを披露してくれました。


EMB Shiba S/S TEE ¥9,350
EMB Duck Skirt ¥19,800


::::: 夏の装いのおふたり :::::


お母さま
テマリバナ フレアシャツOP ¥28,600
トロミリネン Big Pants ¥14,300

娘さん
・Lots Lace チュニック ¥19,800(coming soon)
デシン プリーツSKIRT ¥14,300

春とは対照的に、鮮やかなブルーを主役にした夏らしい親子コーデ。お二人とも同じスタンドカラーで、全く違う装いなのになんだかリンク感があるから不思議です。
お母さまは、テマリバナのワンピースの裾からイエローのパンツがチラリ。色×色の合わせもこの位のバランスだと挑戦しやすいですね。負けじと鮮やかなカラーのスカートをセレクトした娘さん。シックな印象のトップスとの絶妙な色合わせが◎赤いリップも差し色になって可愛いですね。


::::: こんなところが胸キュンポイント :::::

最後に、お母さまにマーブルシュッドの好きなところを教えていただきました。
お母さま:他のお店にはない柄や色合いがとにかく大好き。シルエットも個性的なものが多くて面白いです。見て楽しいし、着て楽しい!それが私にとってのマーブルシュッドです。“コビトフラワー”や“アルペンフラワー”など、昔の柄も今でもお気に入り。いつか復活して欲しいですね!

親子のマーブル愛はどこまでも、永遠に。